柏の葉ポールウオーキングクラブ
柏の葉ポールウオーキングクラブ
【柏の葉ポールウオーキングクラブの目指すゴール】

 超高齢社会(65歳以上の高齢者が21%以上の社会)の日本がかかえる社会保障費の増大は、2025年から団塊の世代が、要支援・要介護の危険が高い状態の虚弱(フレイル)化に向かうなか社会的課題としてますます顕在化してきます。この要因である虚弱(フレイル)化防止の切り札として、ポールウォーキング(日本の整形外科医がメタボリックシンドローム・認知症・ロコモティブシンドローム・サルコペニア対策として開発した歩行法)があります。健康寿命の延伸と介護予防に効果的なポールウオーキングの啓蒙・普及を通じ、広く市民の行動変容を促し、地域の健康寿命の延伸に貢献したい。
 そして、ポールを持って歩くウオーキングとインターバル速歩の組み合わせを啓蒙・教育活動を通じて、さらなる健康寿命の延伸を図り、かつインストラクターの地位向上、コミュニティに存在するメンター(特にリタイヤされた才人)の人的資源としての有効活用と価値提供、会員相互の情報交換並びに親睦及び厚生を図ることを目的に設立しました。

【活動内容】

大きな環境の変化による生活不活発病や高齢者の虚弱(フレイル)化にともなう介護予防として,ポールウオーキングの啓蒙・普及活動を行う。
1.ポールウオーキング体験教室の開催
2.出張ポールウオーキング体験教室の開催
3.ポールステーションの設置
4.「ポールウオーキングで基礎体力作りとアウトドアを楽しむ会」の開催