ウオーキングサポート柏
                             

第7回市民ウオーク 美しい柏を求めて 沼南の里山をさんさく

第7回市民ウオークのサブタイトルは
沼南の里山をさんさくということで
南部にある持法院の彼岸花観賞を
コース上にとりいれました。
山門前から赤色一色で遠くからでもすぐわかります。名前の呼び方は曼珠紗華やヒガンバナが多いいですが千余りの呼び名があるといわれています。

参加者はスタッフを含めて
61名。
昼食場所の沼南体育館広場で
おもいおもいの場所で
仲良くお弁当の時間です。
昼食後はウオーキンングサポーター指導のもと
歩幅測定など日頃の歩き方を
みなおしました。
このミニウオーキング教室は
当会主催の市民ウオークで
いつも参加者から喜ばれて
います。
午後のウオーキング開始です、
参加者には体の一部やリュックサックにバンダナをつけていただきました。こうすることにより一般の方と参加者の区別が
出来てスタッフ側からは声を掛けやすくなります。
沼南地域には多くの田んぼがあります。
いつ見てもこの季節は日本の秋を感じさせるものです。
今年の新米は如何な味でしょうか・
ゴール地の高柳蟹打子供の遊び場に全員 事故もなく歩き終えました。明日に疲れを残さないためにクーリングダウンをして
解散です。お天気に恵まれた
市民ウオークでした。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」