笑顔の会・きらら
                           

高齢者疑似体験

私も大切あなたも大切の思いでコミュニケーションが取れるようになったらと勉強会を重ねています。今日は年配者の思いを少しでも理解できるように、と全員(写真を撮るのが遅れて3人分だけです)で疑似体験をおこないました。肘や膝が曲がらなくて動作がかなり苦労しました。歳を重ねていつの間にか体験のようになるのですね。先輩の方の体の体験ができた事は、自分の心構えや、これから出会う年配の方への言葉がけのいい勉強になりました。ゴーグル(目の衰えや白内障などで色など見えずらく判断しづらくなる)と軍手(小さいものを扱いにくくなる体験)忘れて後で装着しました。

 
   


前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」