特定非営利活動法人トータルヘルスサポーターズ
                               

第6回福島県いわき市被災地ボランティア活動報告 2013/06/09

2013年6月9日(日)福島県いわき市へ整体ボランティアに行って来ました。

今回は第六回目となりますが、初めて仮設住宅に行って来ました。

これまでなかなか仮設住宅では活動出来なかったのですが、現地のNPO法人グレースコミュニティーサービスの成尾さんが窓口となってくださり、実現の運びとなりました。

集会所には「「ふるさとならはに変えるまで がんばっぺな!! みんな!」
と書が掛けてありました。

私達も早くふるさとに戻れることを祈らずにいられません。

 
   

午前はバレエスクールにて、たえこ先生による『クリスタルボウルヨガ』を開催しました。
我々も参加するのですが、ワタシはいつも最後まで起きている事が出来ません(笑)

たえこ先生の誘導もさる事ながら、クリスタルボウルの音色が本当に心地良いのです。

終了後は、皆さんクリスタルボウルに興味津々でした。
昼食後は仮設へ移動です。
バレエスクールから20分ぐらいの所にあります。
高久という地区にある、楢葉町に住んでいた人達の仮設住宅です。
そこの集会場が、今回施術する場所になります。

第一集会所と第二集会所に分かれて施術しました。

第一集会場は、梶原先生と糸井先生に担当していただきました。

第二集会所は高田先生と高久先生、そして私が担当しました。

やっぱり高齢の方が多く、ヒザの痛みや腰痛、肩こりといった症状が多かったですね。

あるおばあちゃんに、「こういうマッサージみたいな事してくれるボランティアの人達もたまに来るの?」と聞くと、「いやー、全然来ないよ。だから今日は神様みたいな人達が来たって思ってるよ。」と方言で話してくれました。

こんな言葉をいただくと、私達も本当に嬉しくなります。
おかげ様でたくさんの人に施術する事が出来たのですが、何よりも皆さんに喜んでいただけて良かったです。

また来る事を約束して、バレエスクールに戻りました。
バレエスクールでは、間近に迫った発表会のリハーサルの真っ最中でした。
福島の子供たちは元気一杯でしたよ。

最後に全員で記念撮影。

今回もたくさんの方に協力していただき、無事に終わることが出来ました。
江崎器械衢佑らは、今回もベッドを提供して頂きました。
毎回本当にありがとうございます。
施術家の皆さん、ベッドは江崎製が最高ですよ!!

以上、第六回整体ボランティアの報告でした。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」