特定非営利活動法人ちば食用油リサイクル推進ネットワーク ECOシナジー
                             

川崎石鹸プラント必見

NPO法人 
 川崎市民石けんプラント見学研修
全国よりコンソーシアム構成団体が集まりBDFをテーマに事例紹介と意見交換を致しました。
(コンソーシアムとはラテン語で提携、共同、団体を意味します。)
目的
・・地域で活動するNPO等が回収した廃食油から精製した植物油燃料の利用を促する事により、二酸化炭素の排出抑制及び地域の活性化を図る事を目的とする。

この法人は、生活者、市民に対して、廃食油を回収し、回収した廃食油のリサイクル事業を行い、資源循環社会をめざし環境保全に寄与する事を目的とし、またこの事業は障害者と健常者が協働する事で障害者福祉の増進を図ることを目的としています。
H23年よりBDF燃料製造装置が設置され化石燃料に頼らない新たなエネルギーの活用を進めています。
意見交換会
本事業内容の立ち上げ、運営進め方、苦労したところ、削減効果の評価、成果等の意見交換を致しました。
川崎市は行政をはじめ、個人事業主、一般宅、川崎市7区において140ヶ所に回収ポイントを設置しています。
BDF製造量は年、約2400函7tのCo2削減です。)
* ストップ地球温暖化 *
障害者の働く場所として地域活動支援センターを運営しています。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」