手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会
                         

第5回 松ヶ崎城祭り

 第5回 松ヶ崎城祭りは、去る11月16日の10時から開催されました。
午前10時からのオープニングのあと、ささやかながら「松ヶ崎城跡」の看板の除幕を行いました。 午前10時半からは見学会。午後1時半からも含め、2回の見学会には、のべ50人くらいの方が参加されました。全体では300人ほどの参加です。
 
 11時からの柏中央高校吹奏楽部の演奏には100人くらいの観客が聞き入っていました。 今まで祭りでの演奏は、和太鼓、尺八といった邦楽や、管弦楽での郷愁を覚える日本の叙情歌などでしたが、なんと曲のなかには演歌メドレーや若大将シリーズ、天城越えまでも。吹奏楽演奏は、さすがの迫力でした。高校生の皆さんに加え、顧問の先生や校長先生もご来場いただきました。
 カンボジアに学校を贈る会によるアジアの小物・雑貨等、コーヒーの出店のほか、定番となった焼き芋も。焼き芋は南増尾と船橋の農家から仕入れました。

 なお、樹木里親の会の残金約10万円を使って、「松ヶ崎城跡」という看板をバス通りに面した台地中段に設置しました。ここが城跡だということを示すためです。

顧問の先生が指揮した柏中央高校吹奏楽部の演奏
曲目には「天城越え」や若大将シリーズも
見学会の様子(東側土塁と堀)

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」