特定非営利活動法人パートナーとうかつ
                             

11月6日 秋のわくわく広場の活動

わくわく広場では子ども達が工作を初めてから30分ぐらいで、工作品の数々を作りあげます。同伴した父兄も子どもの真剣な手作りをする姿に満足のようです。
子どもが自主性を発揮して作品を仕上げることに感動します。(一度広場で作品作りをすると、時期と、場所を追って追っかけをしてくれます。)
次回は来年の5月、8月へと続きます。
是非、子どもがはつらつとして工作品つくりにチャレンジ姿を見てほしいものです。
パートナーとうかつではそんな子ども達をサポートしています。


作品が飾られた総合受付の様子。
親子づれは次々に受付を終え、工作品つくりに目が輝やかせます。
中には、短時間のうちに、8種類の作品から3品作りにも挑戦する子ども達もいます。
本当に素晴らしいことですね!!
子どもに丁寧に教えるサポートするパートナーとうかつのスタッフの皆さんと熱心に作品を作る子どもたち。
8つのデスクには3世代に渡る楽しそうな声が響き渡っています。
ミニチュア家具は本物そっくりでできあがります。来年の夏休みの宿題はもう出来あがったかな?
まだまだ時間があるから、自分でも今回の作品つくりを参考に工夫した作品作りにもチャレンジできるかな?

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」