いきいきひと声会
                             

平成27年2月例会

 テーマ;太平洋戦争の「負の遺産」を訪ねるバスツア−
 訪問先;『予科練平和記念館と筑波海軍航空隊記念館』を巡り、改めて戦争への認識を考える例会を行った。
 予科練平和記念館;茨城県稲敷郡阿見町・・霞ヶ浦南岸にあった土浦海軍航空隊(現陸上自衛隊武器学校)に隣接する霞ヶ浦平和記念公園内にあり、予科練の歴史と阿見町とのかかわりなどをしょうかいする施設です。
 制服や教科書、ノート、食器など教習生が日常生活で使用していたものや、家族にあてた手紙、予科練卒業後の訓練で使用していた物品などの他、戦時下の暮らしを紹介する資料や、空襲で落とされた爆弾の破片も展示。予科練記念館(雄翔館)では、予科練習生の遺言や遺品を数多く展示しています。
 筑波海軍航空隊記念館(茨城県笠間市);2013年に公開された映画「永遠の0」のロケ地として使用された施設。笠間市の県立こころの医療センター敷地内および周辺に残されていた、同隊の司令部庁舎や号令台などの戦争遺稿を公開しています。
 

 
   


前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」