いきいきひと声会
                             

平成29年9月例会

 役員会で決まった9月例会のテーマは、”我孫子わいわい亭”で落語観賞をする事になっていたが、7月はランチ会、8月はサッカー観戦と屋外での例会であったため、屋内でも催しをセットしようとの事から、『音出しが可能な会場な施設』を求め、中央公民館4階の集会室が確保できたため、映画『家族はつらいよ第一作』・『厄介だけど愛おしいそれが夫婦。それこそ家族』を鑑賞する事に決まった。
 寅さんシリーズの後継作品で、山田洋次監督がある種の問題提起している作品である。
 ストーリーは、定年後ワンマンの夫に妻から離婚届に捺印を求められて動揺する家族。世代間の自我のぶつかあいのなかでそれを救ったのは若い息子(ピアノ調律師)とその婚約者(看護師)。
 反省事項:今回の会場は中央公民館としたが、新設のパレット柏に比べ駅から遠く不便でもあるので、心なしか参加者がすくなかったように、見受けられた。
 参加者;13名、内、会員;12名、会員友知人;1名。

 我孫子の宿での”わいわい亭”での落語観賞には、会員5名が参加した。
 たまたま「真打」になった落語家のお披露目も行われ、落語の他に『紙切り』もあり、木戸賃を納めると、その年の年間使用可能な『シルバーパス』が交付されるので、翌月以降の木戸賃は不要になるので『落語』が好きな人は、年初めの1月に”わいわい亭”でシルバーパスを入手しておくとお得です。




前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」