ウイメンズ ブレイク タイム 
                             

東葛まいにち松原記者感想

がんの治療を受けている方の茶話会に出席させて頂きました。

まず、参加者の皆さんがお互いのお話しをとても真剣に聞いていらしたのが
印象的でした。皆さん病気と闘いながらも自分自身をしっかり持って
ご自分の言葉でお話しされていました。茶話会の間お話しが途切れることは
ほとんどなく、話したいことや聞きたいことが沢山あるんだと感じました。

茶話会では場を和ませるために可愛らしいお花を活けてあったり、
見た目も可愛らしい美味しいお菓子を用意してくださるなど、女性には
嬉しい気配りが沢山ありました。大変な日常の中でそういった気配りに触れる
瞬間があるのはとても有難いことではないかと思います。

村井さんのように、お医者さんやサバイバーでなくとも患者さんと交流を持ち
決して他人事と思わずに行動できる人になりたいと思いました。
皆さまのご回復を心よりお祈りすると共に、皆さまに有益な情報をたくさん
届けられるよう頑張りたいと思います。ありがとうございました。

東葛まいにち新聞
松原美穂子

 
   


前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」