Kashiwa Prog-Science
                           

Micro:bit(マイクロビット)で自由研究

Micro:bit(マイクロビット)とは、イギリスのBBCが主体となって作ったプログラミング教育向けのマイコンボードです。このマイクロビットはイギリスの11〜12歳の子供全員(100万人)に無償配布され授業の中で活用されています。またカナダ・アメリカにおいても、そして日本においても、今後2020年までに30万人の子供がマイクロビットを使って遊び、学べる環境を作る計画があります。

Kashiwa-Pro-Science(さわやかロボットプログラミングボランティア)では、このマイクロビットを使った装置や実験を紹介していきます。

マイクロビットを使った実験装置です。
マイクロビットとに自作のマグネットセンサーを接続すると、磁石の強さや極性を測定することが出来ます。
授業で作った電磁石の特性を簡単に測定できます。
マイクロビットに自作の温度センサーを接続して、常温から沸騰させ水の温度がどのように上昇するかを実験する装置です。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」