ITなのはな
                             

親子で学ぶプログラミング講座

プラグラミング言語“スクラッチ”を利用して、簡単なゲームをプログラミングすると言う講座です。

スクラッチで用意されたキャラクターや小道具、衣装などのイラストを言語モジュールで各種命令・指示をして、動きや音声をつけてゲームに作り上げるという内容です。
短時間で、すっかりちびっ子プログラマーが誕生しました。
親よりも子供の方が腕前は確か!

保護者の声
・説明がゆっくりで分かり易かったです。
・作る目的(完成イメージ)を始めにみせていただけると,何をつくるかわかりやすいと 
 思いました。
・子どもが初めてなのに,すいすいと作業していたのに驚きました。
 親もは初めてでしたが,分かり易かったです。

・内容は,とても良かったのですが,サポーターの方の過度な説明で,講師の方の説明を
 聞き逃してしまうことがありました。
・ちょっとバタバタしてので,もう少しゆっくりでもいいのかなと思いました。
 子どもとパソコン一台でもいいかも?と思いました。
子供の声:
・4年生:またやりたい。レベルアップしたプログラミングもしたい。
・2年生:スクラッチのやり方がわかった。
・4年生:説明がわかりやすかった。
・3年生:楽しかったです。プログラミングを初めてやって「プログラミング」のことが,
     今日で分かりました。「プログラミング」教室があったらまたやりたいです。
・1年生:楽しくておもしろかったからやってよかった。
・4年生:もうちょっと役にたつようなものをやってほしい。(エクセル,ワード,パワーポイントな
     ど)
・3年生:時間があったらまたやりたい。
・5年生:おもしろかった。教え方がていねいで,学校よりもわかりやすかった。


前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」