いきいきひと声会
                             

いきいきひと声会令和元年7月例会(介護保険パート3) 報告

 今年の2月、5月に次いで、同じテーマで同じ講師から仕事柄体験された貴重な話を聞かせてもらった。
 講師;柏西口地域包括支援センター 主任介護支援専門員 石出佳子さん
 参加者;男性;10名、女性8名、計18名 
 会場;柏パレットミーティングルームCは手狭で、空調温度制御を講師に操作願った。
 最近、本人が相談に来る場合、幻視は視覚によるものだが、幻聴の相談が多い。
 特養入居する場合でも、お金が掛かるので、家屋を処分する場合でも慎重にすべきである。
 認知症状か?と疑われるような場合には、『北柏リハビリ病院』で各種のテスト結果で判定してもらうと良い。
 今年度は役員数を減少させるために、会員氏名をアイウエオ順に並べ4人で作る組による例会会場準備、本報告書作成等を行った最初の例会である。
 

 
   

 たまたま,某週刊誌が『田舎の親が倒れた時あなたがやるべき12カ条』との特集をタイミングよく披露してくれた。
 
 自分の親は既に鬼籍にあるが、『田舎の親=自分の事』と読み替えて子供達に伝えようと思う。
 3回も同じテーマで学んだことはなく、『介護保険制度』の事を同年代の友知人に伝えてあげたいと思っている。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」