ホーム > 市民レポーターの目 > イエローキャップパトロール隊



安心・安全な街作りを目指して
〜元気・やる気のシニア世代防犯組織、イエローキャップパトロール隊〜


< 我が街、柏への熱い思い > 

現在人口40万人を超える柏市は、都心のベッドタウンとして急成長して来ました。商業エリアとして整備が進んでいる駅前の繁華街と閑静な住宅街、両方の顔を併せ持つ柏を、誰もが安心して安全に住めるような街にしたい――。そんな思いから、元気なシニア世代がパトロール隊「イエローキャップ」を結成しました。

長年にわたり柏で商売をしてきた隊長の細江廣美氏は「様々な人たちにお世話になり、皆さんの協力と助け合いのお蔭でやってこられました。そのご恩に報いるために」と、引退後、隊を立ち上げたそう。それだけに柏の街の安全・安心を願う思いは人一倍です。


< 定着しつつある地道な活動 >

毎月第2、第4金曜日は柏駅周辺を定期的にパトロール。「yellow cap柏パトロール隊」と濃紺で染められたお揃いの黄色いTシャツと帽子は、柏市からの補助金で作った特注品です。この色鮮やかなユニフォームが遠くからでもよく目立ち、隊のPRに大いに役立っています。

「振り込め詐欺」や「ひったくり防止」ののぼりを持ちながら注意を喚起、同時に「自転車事故防止」への呼びかけを行っています。道路にはみだしている自転車を手際よく片付けている隊員さん。手練れの技!?
柏2番街のモール内では、自転車で走っている人へ、危険なので降りてくれるように声掛け。休日のみならず平日も多くの人で賑わうモール内は、自転車と歩行者の衝突事故が意外に多いのです。隊長曰く「笑顔で優しくお願いする」のがコツ。最近では黄色いTシャツを見るとすぐ自転車から降りてくれる人も。活動が定着している証でしょうか。

丸井入口付近では、振り込め詐欺や空き巣被害を防ぐための「防犯チラシ」を配ります。最近は高齢者を狙う犯罪が多発しているせいか、受け取ってくれる人も多くなってきました。


< 素敵な世代間交流 >

さて、このイエローキャップ隊の素晴らしいところは、パトロール活動に現役の高校生の皆さんが一緒に参加していることです。60代70代が多いシニア世代の隊員さんと10代の高校生が協力し合い、お互い楽しみながら活動しています。

きっかけは事務所がなくて困っていたイエローーキャップ隊に、快く場所を提供してくれたKTC中央高等学院とのご縁で、学院の生徒さんたちが自主的にパトロールに参加してくれるようになりました。

歩調の速い高校生に負けじと足取り軽く汗を拭いながら元気に歩く隊員の皆さん、少々恥ずかし気ながら笑顔で明るく隊員さんに話しかける高校生。共通のボランティア活動を通じて自然な交流ができています。参加した高校生たちの感想は様々。

「ビラ配りはチョット恥ずかしかったけど渡せたときは嬉しかった。また参加したい」
「2回目だけど、人の役に立っている、という実感がある」

また隊員さんも「若い人達と一緒に活動していると元気がもらえる。この交流を大切にしたい」と、大いに刺激を受けている様子。

約42名の会員と一緒に10名程の高校生が参加しています。イエローキャップ隊の名刺デザインは学院の生徒さんが考案したもの。両者の世代間交流が上手くいっているのがよく分かります。


< 更なる飛躍を目指して >

更に今後の活動の広がりを見据えて、地元の町会と連携した地域パトロール、移動交番への協力も行っています。隊員さんが住んでいる各町会、自治会で行っている地域パトロールに積極的に協力。

空き家のポストに郵便物があふれていないかチェックしたり、下校する小学生を見守ったりしながら、途中すれ違う人達とはたとえ顔見知りでなくても大きな声で元気に挨拶を交わします。この声掛けが防犯効果をアップさせ、ひそかに下見に来る空き巣の撃退につながっています。

現在12町会で地元のパトロールに協力。月1回隊員が集まって情報交換会を実施しています。

また柏警察が取り組んでいる移動交番と連携しながら、横断歩道や通学路での小学生の見守り活動を推進。最近は共働きのご夫婦も多いので、この活動も今後重要性を増していくでしょう。そして、ここもまたシニア世代と小学生の良い交流の場になっています。


< 未来へのモデルケース >

 街の発展と共に今後益々「安心と安全」が求められる柏市にあって、市民のパトロール活動は心強い限りです。「自分たちの住む街を自分たちで守ろう」という意識は、高齢化が進む社会で最も求められる姿勢です。

元気・やる気のシニア世代が若い世代とどう絆を深めていくか、そんな現代社会の課題に対し、イエローキャップ隊がある種のモデルケースを提示しているように思います。

(平成24年9月 柏市民活動レポーター 俵 恵理子)


■イエローキャップパトロール隊
 代表者:細江廣美
 連絡先:04-7163-7665     
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ