ホーム > イベント > 2月2日(土)2月例会(手賀沼)手賀川河畔のカントリーウオークと歴史を訪ねて(14Km)
件名 2月2日(土)2月例会(手賀沼)手賀川河畔のカントリーウオークと歴史を訪ねて(14Km)
主催 柏の葉ウォーキングクラブ 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2019年 2月 2日(土)  
開催時刻 柏駅中央口 8:30 (厳守)   受付=柏駅中央口 
締切日 ありません。当日集合場所にお越し下さい。 
会場 柏駅中央口 8:30 (厳守)   受付=柏駅中央口 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員 ありません。 
対象者 歩ける方ならどなたでもご参加いただけます。 
申込方法 当日直接会場にお越し下さい。 
費用 会員無料、一般参加300円 
内容詳細 交通手段:柏発下り(快速)8:37―我孫子発(成田線)8:46―布佐駅9:01
〇コース(予定)スタート:布佐駅(南口公園)〜豪農の館(旧井上家)〜手賀川〜興福院〜旧手賀教会〜曙橋(昼食)〜岡発戸・都部の谷津〜ゴルフ場〜東我孫子(公園)ゴール(14::40)
〇みどころ:豪農の館(旧井上家)は江戸時代初期、江戸川の氾濫を享保の改革により、手賀地区の干拓事業を命ぜられ、江戸尾張(現銀座)より、移住する。度重なる利根川の氾濫に手賀沼も被害、事業完成まで200年を要し昭和26年に完成した。旧井上家を出発し手賀川を手賀沼に向かう途中、左手の山裾に日本では珍しい茅葺きのキリスト教の旧手賀教会が建っています。そこを見学します。昼食後我孫子の谷津の宝と云われる、岡発戸・都部の谷津や湧水池を観ながらホタルや赤ガエルも生息している里山を歩きます。散策途中正面左側に目線を上げると、ゴルフ場と谷津のコントラストの原風景は美しく癒される景観を楽しめます。
ひとこと:布佐について:江戸時代は
荷物輸送は水運でした。布佐は銚子で取れた魚を江戸へ陸送する
鮮魚(ナマ)街道の出発点でした。現在の栄橋辺りに入江があり、
現在の我孫子より、栄えたそうです。ちなみに、隣の木下駅があり
ますが木材を下していたので木下(きおろし)の町名となりました。


・雨もまた自然、荒天以外は開催します。
・持ち物:ビニールシート、水、運動できる服装、帽子、雨具、昼食の準備等 
問い合わせ先 コースリーダー:石川 080-5025-3939 
関連URL  
この情報は、「柏の葉ウオーキングクラブ」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ