ホーム > トピックス > 協働ってなあに?活動を聞きに行く 【その2 できる街プロジェクト 市民団体×市民団体×市民団体】
件名 協働ってなあに?活動を聞きに行く 【その2 できる街プロジェクト 市民団体×市民団体×市民団体】
内容  【協働のポイント】
「できる街プロジェクト」は現在、アニメを制作するグループ「超普通スタジオ」と、柏市のハンディを持った人たちの市民団体とコラボ(協働)して、ハンディを持った人たちが住み良い街づくりを進めるためのアニメ制作に取り組みました。3つのグループがコラボ(協働)して初めて実現できる活動です。

 それぞれの市民団体が持つ特徴を持ち寄り、補完し合って「やりたいことを実現」しました。そこには「できる街プロジェクト」が調整役になり、旗振りになって強く推進していることにあります。コラボ(協働)をうまく進めるポイントは、熱意のある推進役の存在と皆さんの大きな協力です。

「できる街プロジェクト」の詳細は以下より
https://kashiden.dekimachi.com/
 

私たち、協働の推進・情報発信チームは、多くの人に分かりやすく協働のまちづくりを伝え、興味を持ってもらえるよう、様々なことを発信しています。(レポート 深津英雄,中島 幸) 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
地図
(画像をクリックすると拡大します)
添付ファイル ★かしわん、ぽっ用PDF_できる街.pdf
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ