NPO法人こんぶくろ池自然の森
こんぶくろ池の今
「こんぶくろ池」は手賀沼の水源地として唯一
残っている貴重な湧水池です。
柏市では、この池を育む豊かな森を含めて
約18.5任慮園整備基本計画を平成15年に
策定しました。
学識経験者によるアドバイザー組織の指導・助言
を仰ぎながら本会
“NPO法人こんぶくろ池自然の森”
が中心となって管理運営しております。
「本会の目的は市民が中心となり、
地域の様々な主体と連携して、柏市北西部に
広がる千葉県内でも類のない湧水と、
それによって維持されている湿地性の多様な
動植物の生態系を擁するこんぶくろ池と、
その周辺林の自然環境の保全・育成活動を行い、
貴重な湧水と緑の資源を育むとともに、森と人の
営みを活かしたコミュニティつくりに関する
事業を行い、住みよい町づくりの推進を図ることを目的としております。」
この目的を達成するための主な活動は、

(1) まちづくりの推進を図る活動
(2) 環境の保全を図る活動
(3) 子どもの健全育成を図る活動
(4) 上記活動を行う団体の運営又は活動に
関する連絡、助言又は援助の活動
等々です。

皆さんの参加をお待ちしております!