柏・麦わらぼうしの会
                             

消えた夏の日‐1945 ヒロシマ・ナガサキ‐     〜原爆を乗り越えて〜

朗読劇と音楽で伝える平和への願い

今年は柏を中心に活躍している合唱団・劇団・音楽家、そして市内の小・中・高・大学生といっしょに舞台を創りました。

日 時 2011年8月7日(日)
    昼の部 3時〜4時40分
    夜の部 6時半〜8時10分

場 所 アミュゼ柏クリスタルホール

主 催 柏・麦わらぼうしの会

協 力 柏和会(柏市原爆被爆者の会)
    (特)NPOこどもすペーす柏
    柏子どもの文化連絡会

後 援 柏市 柏市教育委員会 柏市社会福祉協議会 朝日新聞千葉総局 柏市民新聞社 (株)千葉日報社
 東京新聞千葉支局 毎日新聞柏支局 読売新聞千葉支局

協 賛 市内の企業・商店等

チケット代 大人    1000円 
       高校生以下 600円

対 象 小学生 〜 大人  
 
内 容 
 昼の部
   ・絵本と音楽 
    「すてきなうちってどんなうち」
      絵・作 長縄えい子 
      音楽  児玉さや佳
      
   ・合唱 キャメルハーモニー
    組曲「メッセージ」より
         作詞・作曲 中村静子
     風の子守歌
     からだいっぱい感じよう
     きみのすきな歌を

   ・「消えた夏の日」1945
ヒロシマ・ナガサキ〜原爆を乗り越えて〜
 
   広島・長崎で被爆した方の手記・詩   を「柏・麦わらぼうしの会」で構成したもの(音楽とスライドの入った朗読劇)

 夜の部
   ・チェロとピアノのひととき
     鳥の歌   (スペイン民謡)
     白鳥    (サン・サーンス)
     ピアノとチェロのための
      ソナタ3番(ベートーベン)
     アメージンググレイス
           (イギリス民謡)

   ・「消えた夏の日」1945
ヒロシマ・ナガサキ〜原爆を乗り越えて〜
 

昼の部

「すてきなうちってどんなうち」

  柏市立第三小学校
  3年生から5年生の5名が参加
昼の部

キャメルハーモニー(友情出演) 
 「消えた夏の日」

新劇団松葉ステッキ(友情出演) 
夜の部
 チェロとピアノのひととき

 チェロ 佐藤智孝 
 ピアノ 児玉さや佳
  (友情出演)

  
 「消えた夏の日」

私たちがお聞きした柏和会(柏市原爆被爆者の会)の方のお話を 舞台で再現
夜の部

チェロと
「伝えて、この言葉を」の朗読
ロビーでの展示
・原爆パネル
・広島長崎の新聞
・広島平和祈念式の式次第
・「すてきなうちってどんなうち」の原画
・柏市平和都市宣言
・会の活動
・原爆と原発の違い
「平和の本」ご紹介
中・高・大学生とおとなのボランティア17名の方がお手伝いしてくださいました。
ありがとうございました。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」