特定非営利活動法人ちば食用油リサイクル推進ネットワーク ECOシナジー
                             

25年度コンソーシアム スタート

25年度も引き続きコンソーシアムに参加して、千葉県環境財団が幹事となり共同事業者4団体でスタート致しました。

地球温暖化防止活動でありエネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制に直接的に資する為の事業です。
参加団体
(特非)ちば食用油リサイクル推進ネット     ワーク ECOシナジー
任意団体 ちば油畑プロジェクト
任意団体 ちば環境再生県民の会
大金興業株式会社

9月28日に行われました
エコメッセ2013inちばに参加して環境協働創造市・環境活動見本市にて幅広く来場者に使用済み天ぷら油より精製される軽油代替え燃料のメリット等を伝えさせて頂きました。
左にいる方が千葉市緑区に有ります大金興業の若社長です。
自ら回収、BDFの製造に携わり自家車両(新車)に使用しており、あつい熱意を感じます。


植物油燃料に関する知名度、県民の考え方を知る為のアンケートを実地致しました。
300枚のアンケート記入して頂き、一般市民のBDFの認知度、理解等を調査出来ました。
化石燃料に代わる地球に優しい燃料と解ると皆賛成協力の姿勢を感じさせてくれました。
使用済み天ぷら油を持参してくれた方も数人おりました。
・・・感謝です・・・
全国で廃食油関係のコンソーシアムは6団体あります。
11月6日の会議の席に青森県で活動を行っている方が来店して意見交換会を行いました。
株式会社西田組 環境部伊藤氏
NPO法人青森県環境パートナーシップセンター 高橋氏
秋田県も視察して来られたみたいで全国で行われている天ぷら油より精製されるBDFのメリット、デメリット、行政の取り組み方、一般市民の参加状況等をお話頂きました。良き参考となりました。
思いは一つ、ストップ地球温暖化でした。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」