市民活動サポートコーナー
                             

【H19補助金団体】福祉サービスかしわ市民の会(その3)

(その2から続く)

=移送サービスのよさを伝えたい=

 市民の会の悩みは、運転提供者が少ないこと。利用者は増えているのに運転者がなかなか増えず、予約をお断りすることもあります。運転者の登録は16名ほどいるのですが、利用者の希望する曜日や時間に合わないことも多く、実働できるのは半数程度なのだそうです。

 しばらく前に新聞に掲載され、多くの問合せを期待したそうですが、芳しくありませんでした。「ボランティアをしてこんなに満足感を感じることはない。このよさを何とか伝えたいんだが…」と大橋さんの表情にも厳しいものがあります。

 また、既存のタクシー業者などからの風当たりが強いのも残念なことの一つ。「タクシーからは客の取り合いのように思われているところもある。昔の白タクのイメージがあるんじゃないか。そうではなくて、タクシーにはタクシーの、移送サービスには移送サービスの役割があるので、それぞれ利用者に使い分けてもらえればいい」と大橋さん。

 高橋さんの言葉がメンバーの気持ちを代弁しています。「移送サービスは、利用者をお連れすることだけが目的ではないんです。私達は、外出困難な方々の社会参加の機会を広げて、人と触れ合う時間を作ることを大切にしています。そういうことをもっと皆さんに知ってもらいたいんです。」(H20.1)

特定非営利活動法人 福祉サービスかしわ市民の会
事務所所在地:柏市明原三丁目8−8 シャトル明原1F
事務所電話:04−7106−5544
代表者:大橋 基夫



前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」