柏の葉ウオーキングクラブ
                             

12月15日(木)望年ウオーク 初冬の江戸川台近郊を歩く12Km

 今日は、KWC今年最後の行事となる「望年ウオーク・望年パーティー」の日です。希望に満ちた来年を予感させる晴天の下、49名(男27名、女22名)の参加者が「県民プラザ」に集合しました。
 正午に「県民プラザ」を出発し、柏の葉公園の西側、江戸川台地域に点在する社寺を巡ってこの1年を締めくくる12Kmです。
 ウオークの後には楽しい懇親の「望年パーティー」が待っています。
(写真は、「望年パーティー」の初めに撮影しました。)

 
   

風はやや強いものの、「県民プラザ」横の広場で元気にストレッチ。
 全員の息が合い、上げた手が見事にシンクロしていますね。
東初石辺りでは、常磐自動車道は暗渠構造になっており、その上には細長い公園地帯が西に続きます。
 緑に沿って歩きながらの「おしゃべり」と「笑顔」の行列、健康に良いそうです。
「金刀比羅神社」に到着です。
お詣りの後、北東に向かって出発。
 強かった風も、徐々に収まってきました。
暖かい陽射しを浴びながら、気持ちの良い「田舎道」を進みます。
 ウオーキングをしていて癒されるひと時です。
「愛宕神社」の鳥居をくぐり抜けて隣接する「ふれあいの森」に下っていくと、江戸川のはるか向こうに「富士山」が、少しだけ頭を出していました。参加者の中で「富士山だ!」「いや、雲だよ。」と議論が。果して・・・?
今日のポイント「福性寺」に着くと、赤い帽子の六地蔵がお出迎えです。ここは、関東三十三観音霊場八番札所で「ボケ封じ」のご利益があるそうです。
14時50分に「県民プラザ」に戻って来ました。芝生に長い影を伸ばしながら、今年最後のストレッチです。
 枝だけの高い樹が私たちを見守っていました。
「望年パーティー」では、芸達者が次々に特技を披露。自己アピールトーク、詩吟、オカリナ演奏ときて締めは「落語」。浴衣の与太郎が「え〜、お笑いを一席」「お後がよろしいようで」
新年は、1月5日(木)の(福)巡りが歩き初めです。

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」