いきいきひと声会
                             

平成16年2月例会

 東葛川柳会の「小林かりんさん」を講師に招き『川柳』の勉強を行った。
 『五七五の世界を体験しましょう!』
 1.川柳とは
  ※五・七・五のリズムをもつ詩である。
  ※人間を詠む。
  ※話ことばでできている。
  ※今を詠む。
  ※独創性を大切に。
  ※フィクションでよい。
  ※川柳の三要素
   ・軽み(変に力まずすんなりと作った句)
   ・おかしみ(笑い、ユーモア)
   ・穿ち(してやったりという様な上質の見つけ、仕立て)
 2.川柳をつくってみましょう
  作区上のべからず集
  ・上五の字余りは許されるが、中八、下六はやめる。 
  ・批評はよいが、侮辱はだめ。等々11項目の注意を学んだ。

 天地人の三句(課題;申又は猿、豆、自由)
 天;三サルをつら抜きとおす居候
 地;豆まきでいくつ食べたか孫に聞き
 仁;川柳をつくるに当たり一夜づけ

 会場;中央公民館 5階 講堂
 参加費;300円
 優秀作には景品あり



前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」