手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会
                         

歴史講演会「原胤昭と手賀原氏」

2020年10月18日(日)10時〜12時、アミュゼ柏のプラザにおいて、歴史講演会「原胤昭と手賀原氏」を開催しました。
講師はおなじみの柏市教育委員会 高野博夫氏です。 原胤昭は幕末の頃の与力で、明治以降はキリスト教を信仰、刑余者支援など様々な社会事業を行いました。 この講演では、原胤昭がキリスト教に入信するきっかけになった、江戸初期にキリシタンとして処刑された原氏宗家の原主水のことや原胤昭の事績、手賀原氏、手賀城を中心とした手賀地域の歴史について、詳しく語られました。

原氏墓所にて
兵主八幡神社
今回の講演会のチラシ
受付風景:みなマスクやフェイスシールドをつけています
(今回の講演は、4月29日に行う予定で企画していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、延期したものです)
講演風景
展示(パネル、書籍、十手)

前のページへ戻る
柏市民公益活動情報サイト「かしわん、ぽっ?」